結婚式場の違いを徹底比較!ゲストハウス・専門式場・ホテル・レストランのメリット&デメリット

「私は、アットホームな雰囲気でカジュアルな結婚式をしたい。」「僕は、会社関係や親戚を呼ぶから落ち着いた雰囲気がいい。」

プロポーズして幸せ気分に浸りながらも、いざ二人で結婚式場探しをすると意見が食い違ってなかなか決まらないこともありますよね。

結婚式を挙げられる会場はたくさんあって、選ぶのも一苦労。

実は、結婚式を挙げられる会場は大きく分けて4タイプです。まずは、4つの結婚式場のメリット&デメリットを知ることで、自分たちに合った結婚式場を見つけやすくなります。

結婚式場のタイプ
  • ゲストハウス
  • ホテル
  • 専用式場
  • レストラン

今回のブログ記事では、結婚式場探しを少しでもスムーズに行えるように、4つの結婚式場の違いや特徴をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

結婚式場タイプ

ゲストハウスウエディング

邸宅ウエディングとも呼ばれ、会場を貸切り、ゲストをわが家にお迎えするイメージです。結婚式のためだけに建てられた豪華な建物で、お姫様のような気分が味わえます。

平均費用: 370万円

※ 招待人数70~80名
※ 楽天ウェディング参照

メリット
プランナーさんも結婚式に関する知識が豊富で、様々のウエディングアイテムを取り揃えていることが多いです。
デメリット
持ち込みが不可の場合や、バックマージンを含んだ少し高めの価格設定になっていることもあります。
ゲストハウスがオススメなカップル
  • プライベート感を重視したい
  • 自由にアレンジしたい
  • オリジナリティ溢れる結婚式を挙げたい
  • 立地条件にあまりこだわりがない

ホテル

挙式&披露宴会場の定番といえば、ホテルウエディング!芸能人や格式あるお家柄の場合、ホテルで結婚式を挙げることがとても多いです。

平均費用: 330万円

※ 招待人数70~80名
※ 楽天ウェディング参照

メリット
有名ホテルの場合、知名度と安心感があります。立地条件が良い場所に多いのでアクセスが楽です。

遠方からのゲストが多い時に宿泊施設が併設しているため、ゆっくりと過ごすことができます。

クローク設備やトイレ、バリアフリー対応など、安定のホテルサービス。

結婚式が終わった後も、記念日などで、思い出の場所として何度も訪れることができます。

デメリット
大きいホテルの場合、一日に何組もの結婚式が行われ、花嫁通しが鉢合わせることもあります。

パッケージ化されていることも多く、個性を出した演出をしにくいことがあります。

ホテルがオススメなカップル
  • 仕事関係や親戚・親族を多く招待したい
  • 宿泊の必要な遠方ゲストが多い
  • 大人数の挙式・披露宴を行いたい
  • オリジナリティよりも、格式・伝統を重視したい

専門式場

専門式場は、結婚式を挙げることにに特化した施設です。挙式会場や披露宴会場を同じ施設内に複数併設していることが多いです。

平均費用: 306万円

※ 招待人数70~80名
※ 楽天ウェディング参照

メリット
知識が豊富なプランナーさんの元でクオリティの高い結婚式が挙げられます。

ドレスなど、ほとんどのアイテムが式場内で揃うため、結婚式準備が楽で打ち合わせ回数も少なめです。

デメリット
宿泊施設がないため、遠方からのゲストを呼ぶ場合は、ホテルを別に手配する必要があります。

一日に何組もの結婚式が行われ、花嫁通しが鉢合わせることもあり、ゲストハウスのような限定感は低めです。

持ち込みが不可な場合が多いため、決められたアイテムの中からしか選べないこともあります。

専門式場がオススメなカップル
  • 打ち合わせ回数を少なくしたい
  • 結婚式のノウハウが豊富なプロにお任せしたい
  • 外装・内装にこだわったオシャレな式場が希望

レストラン

レストランウエディングでは、通常はレストランとして営業しているお店を貸し切って結婚式を行います。低予算でオリジナリティ溢れる結婚式を挙げることができます。

平均費用: 260万円

※ 招待人数70~80名
※ 楽天ウェディング参照

メリット
シェフが一皿ずつ心を籠めて作った美味しい料理が食べられます。高級レストランの場合は、サービスも抜群。

ゲストに近い距離でアットホームな雰囲気で結婚式を行えます。

比較的費用が安く持ち込みに関しても自由なところが多いです。

デメリット
結婚式を専門にやっているわけではないので、控え室や更衣室が少なく、チャペルや神前挙式会場を併設していないこともあります。

個人的に手配をしたり、結婚式準備に時間がかかることもあります。

レストランがオススメなカップル
  • カジュアルな雰囲気の結婚式をしたい
  • 美味しい料理をメインにしたい
  • 少人数や親族中心の結婚式
  • 予算を安く抑えたい
  • 結婚式準備に手間と時間をかけても問題ない

自分たちに合った結婚式場は?

私たちも、結婚式場を決める時に意見を出し合いました。こちらは、実際にリストアップした条件です。

  • 美味しい料理と美味しいお酒
  • 立地条件は重視(遠方からのゲストが多い)
  • 近くに宿泊施設があること
  • アットホームな感じがいい
  • イベント感はなくて良い
  • 予算は350万円以内(当時共働きだったので高めの設定でした。)
  • ウエディングドレスとカラードレスを着たい
  • 着物は前撮りだけでいい
  • 挙式形式にこだわりはない

やはり料理に一番重点をおいていたため、レストランウエディングがいいね!という意見で一致。

ただ、立地条件は大事だったため、交通の便がよく駅から近いレストラン限定で探すことにしました。

最終的には、名古屋駅前のミッドランドスクエア内にある三ツ星レストラン「オーベルジュ・ド・リルナゴヤ」に決定しました。改めて条件を見てみると、ピッタリと合っていてビックリ!

結婚式場選びをする前に、条件を話し合ったおかげで、自分たちに合った結婚式場を見つけることができたと思います。

三ツ星レストランだけあって、料理や飲み物は最高級!友人や親戚も、立派なコース料理に大満足してくれました。

ただ、結婚式会場ではないため、その他のものに関してはリーズナブル。自作したり、外注したりで、結果的には節約にもつながりました。予定していた予算よりも安く抑えることができました。

皆さんも、自分たちに合った素敵な結婚式場で、新生活の第一歩が踏み出せますように!

「条件に合った結婚式場が見つからない。結婚式のイメージが湧かない。」

そのような場合は、結婚式場探しの無料相談を利用するのもオススメです。

ハナユメウエディングデスクでは、専任のアドバイザーがあなたにあった結婚式場を紹介してくれます。空き状況の確認、見学の予約も合わせて手配してくれるのでとっても楽チン!

式場の見学をするだけで、商品券がもらえるキャンペーンも実施しています。

▼ 各ウエディングサイトのお得なキャンペーンについては、こちらで詳しくご紹介しています。

参考 結婚式場の相談&予約はウエディングサイトを活用すべし!口コミ&評判で人気の大手5社を徹底比較

▼ 必見!結婚式で100万円以上の節約できる方法をリストアップ

参考 結婚式を成功させる手作り&節約アイディア!結婚準備をとことん楽しむ方法