人前式の予算は?値段以上にゲストの心を感動させる挙式の進行方法

オーベルジュ・ドリル・ナゴヤ結婚式(挙式)
チャペル挙式の料金が通常15万円ほど。一方、人前式挙式は5万円ほどです。
披露宴に人前式を組み込んだプログラムにしてしまえば、場合によってはタダになる可能性もあります。
私が結婚式を行ったミッドランドスクエアのオーベルジュ・ド・リルナゴヤには、素敵なチャペルや神社が併設されていませんでした。
そこで、レストランの隣にあるスカイプロムナード(展望台入口のトンネル部分)にレッドカーペットを敷いて挙式を行いました。今まで参列した結婚式では、一番個性があった挙式だったかもしれません。
トンネル使用料は発生しましたが、チャペル挙式などを行うよりは安く済みました。

スポンサーリンク

人前式とは

人前式は神様に結婚を誓うのではなく、ゲストの方々に結婚を誓います。
チャペルや神社、牧師さんや神主さんなどは必要なく、2人にあったスタイルで進行できます。
オリジナリティを出したい手作り結婚式にはおすすめ!宗教色がないので、ゲスト皆さんが違和感なく参加できます。
私自身、キリスト教でもないので讃美歌を歌うのが、どうも苦手だったので(笑)

人前式の流れ

私たちが行った式次第をご紹介します。

1. 参列者入場
2. 司会者挨拶&人前式説明
3. 新郎入場
4. 新婦バージンロードを父親と入場
5. ブーケ・ブートニアの儀式 (サプライズプロポーズ)
6. 誓いの言葉
7. 指輪の交換・披露
8. ベールアップ・誓いのキス
9. 結婚証明書へ署名・披露
10. 結婚成立の宣言
11. 退場(フラワーシャワー
12. 記念撮影(プチギフト用)

心に残る人前式にするためには

進行を新郎新婦で行う場合もありますが、緊張などでうまく進めない場合があるので、司会の人を立てる方が安心です。
また、年配の方で人前式に初めて出席される方もいると思いますので、事前に説明を入れてもらうと良いでしょう。

人前式を淡々と進めていくと、本当にあっという間に終わってしまいます。
何か一つでも心温まる演出を入れるとゲストの印象にも残ります。
私の場合は、ブーケブートニアの儀式を行い、かなり好評でした!