結婚式の招待状は切手や消印(風景印)でオリジナリティを

結婚式の切手
以前、素敵な切手と消印がついた招待状を頂いたことがあります。

きっと新郎新婦は細部までこだわってペーパーアイテムを作ったのだと思います。

スポンサーリンク

手軽に作れるオリジナル切手

結婚式の招待状の発送には、通常慶事用の切手を使います。増税後、切手のデザインが一新し、慶事用52円普通切手は扇面に梅文様、82円普通切手は扇面に竹文様、92円普通切手は扇面に松文様が描かれています。
もう少しこだわるのであれば、人とは違う切手を選んでみてはどうでしょうか。郵便局のネットショップでは切手をオンラインで購入することができます。よく耳にする「花嫁切手」や「ディズニーキャラクター切手」などをはじめ、100種類以上取りそろえているので、結婚式のテーマに合ったものも見つかるはず。
また、既存のものが見つからない場合、オリジナルフレーム切手を作成することもできます。フレーム内に写真やイラストなど印刷し、世界でたった一つの切手ができちゃいます。
写真の仕上がり寸法は大型タイプの場合は約3.2cm×3.2cmで、それ以外は約2.4cm×2.4cmです。

【 参考価格 】
● 82円郵便切手×10枚 ⇒ 1シート1,230円
● 82円郵便切手×20枚 ⇒ 1シート2,050円
● 52円郵便切手×10枚 ⇒ 1シート930円
● 52円郵便切手×20枚 ⇒ 1シート1,450円

公式ホームページ 郵便局のネットショップ

風景印を押して招待状を送ろう

風景印とは、郵便局ごとに持っているご当地の消印です。全国の有名な観光地やスポットはの郵便局には、オリジナルの風景印が用意されています。窓口に持っていき「風景印お願いします」と頼むと押してくれます。さらに期間限定で押してもらえる小型印というものもあります。消印なので、もちろん無料。お金を掛けずに、オリジナリティも出せるので、ぜひ取り入れたいですよね!
ディズニーランドやディズニーシーからポスト投函すると、イベントごとのカワイイスタンプが押してもらえます。ディズニーをテーマにした結婚式にはもってこいですね。ただし、ポスト投函の場合、当日消印でない場合もあるので、「大安」や「友引」を重視するのであれば、一度確認した方が良いと思います。

【 風景印一覧の参考サイト 】
● 郵便局:風景印
● 絵葉書文通/風景印とスタンプ