ナチュラルクリーニングに挫折した方必見!正しい掃除方法でキッチン汚れを撃退

image

大掃除の季節到来。
この時期になると、大掃除の特集を組むテレビ番組も多いですが、正しい掃除の仕方を知っていますか?

私は主婦6年もやっていますが、恥ずかしながら正しい掃除の方法は知りませんでした。
そこで、大掃除のタイミングに合わせ、参考本を購入して、勉強しました。
今回、参考にした本は、ナチュラル洗剤でちょこっとピカピカ掃除!です。

世の中には、トイレ用、お風呂用、窓用など色々な洗剤が出ています。
この洗剤のストックを管理するだけでも大変。
赤ちゃんも生まれたことだし、せっかくなら体にも地球にも優しいナチュラルクリーニングをしてみたいと思っていました。

実は、長男が生まれたときにもナチュラルクリーニングを試した時期がありました。その時は、テレビで見たり、ネットで調べたり、自己流だったりで、汚れが全然落ちなくて挫折してしまいました。こういう人、意外と多いんじゃないかな(笑)

また挫折したくないので、参考書の手順通り忠実にやったところ、汚れがしっかり落ちてくれました!

スポンサーリンク

ナチュラルクリーニングの基本

ナチュラル洗剤は、自然界にもともと存在する素材であるため、人体への負担が少ないと言われています。石油系の合成洗剤と違い、自然に戻りやすく環境にも優しいエコ洗剤です。基本的には、家のどの部分でも同じナチュラル洗剤でクリーニングできます。あれこれ洗剤を買う必要がないので、節約にもつながり、収納スペースだって減らすことができます

ナチュラル洗剤は、汚れのの性質別に「アルカリ性」と「酸性」を使いわけます。例えば、油汚れや食べ残しなどの酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤、水垢や石鹸カスのようなアルカリ性の汚れには酸性の洗剤を使い中和します。
この性質を知るだけで、ナチュラル洗剤の使い方が一気に分かりやすくなります。

ナチュラルクリーニングに必要な4つの洗剤

ナチュラルクリーニングでは、セスキ炭酸ソーダ、重曹、クエン酸、過炭酸ナトリウムの4つの洗剤があれば、家中の汚れを落とすことができます。

過炭酸ナトリウム

過酸化ナトリウムは、酸素系漂白剤という名前で売られていることが多いです。

衣類や食器類の漂白や洗濯層や排水パイプなど発砲力を生かした洗浄に効果的です。塩素系の漂白剤よりも作用が穏やかで40℃以上のお湯に溶かすと色素を分解します。カビなどの除菌にも使うことができます。

最近では、洗濯機に石鹸や洗剤と一緒に入れて、日常の漂白として使う方も増えているそうです。

【 浸け置き洗い用の分量 】

  • 過炭酸ナトリウム … 大さじ2
  • 40℃前後のお湯 … 2リットル

【 洗濯機での漂白材の分量 】

  • 過炭酸ナトリウム … 大さじ2
  • 水またはお湯 … 30リットル

【 洗濯層のお手入れの分量(過炭酸ナトリウムを入れ、約3時間後にすすぐ)】

  • 過炭酸ナトリウム … 100g
  • 40℃前後のお湯 … 10リットル

セスキ炭酸ソーダ


最近大注目のセスキ炭酸ソーダ
換気扇の油落とし掃除、コンロの拭き掃除、ドアノブや家具などの手垢落としに効果的。
水に溶けやすいので、重曹よりも使いやすいと注目されている洗剤です。スプレーボトルで吹きかけ、布で拭きとるのが一般的なお手入れ方法です。

【 セスキ炭酸ソーダスプレーの分量 】

  • セスキ炭酸ソーダ…小さじ1
  • 水…500ml

換気扇やフィルターなど頑固な汚れにはセスキ炭酸ソーダをお湯で溶かし、約半日付け置きします。その後、浮き上がった油汚れを歯ブラシなどで落とし、水で流せば完了。

【 浸け置き用のセスキ炭酸ソーダ水の分量 】

  • セスキ炭酸ソーダ…大さじ2
  • 水…3リットル

重曹


ナチュラル洗剤の大定番の重曹
鍋の焦げ落としなど研磨作用で磨いたり、靴箱のニオイ予防などに効果的。
アルカリ度が弱いため肌に優しく、食用もある安心素材。
水に溶けにくい性質を持っているので、粒子を活かしてクレンザー代わりに使用します。
人体にも優しいので、野菜のあく抜きから入浴剤や歯磨き粉などとしても使えます。

クエン酸


クエン酸は、レモンやゆずなどのかんきつ類や梅干しや酢の元となっている「」です。
お風呂やシンク周りの水垢汚れの処理、除菌に効果的。電気ポットや食洗器の洗浄にもオススメです。
水に溶けやすいので、スプレー水として使うのが一般的。

【 クエン酸スプレーの分量 】

  • クエン酸 … 小さじ1
  • 水 … 100ml

キッチンをナチュラル洗剤でクリーニング

コンロとお魚グリル

image

小まめに五徳は掃除していたつもりでも、結構汚れは溜まっていました。
お魚グリルのガラス部分は普段掃除しないので、油でギトギト悲惨な状態に。

一度、セスキ炭酸ソーダ水に付け置き。半日も待てなかったので50度くらいのお湯で1時間くらいつけておきました。汚れが浮いたところでこすり洗い。

それでも取れなかったところは重曹ペーストで磨きました。
本当にこんなんで落ちるのかなと思いながら、半信半疑でやっていましたが、落ちました!

image

かなりキレイに仕上がりました。ガラス部分なんてピカピカ!新品同様です。

image

掃除って自己満足の世界ですね。
キレイになったガスコンロを見て、ニヤニヤしてしまいます(笑)

シンクまわり

image

入居時からもともとあまりキレイではなかったシンクまわり。
キレイじゃないと、どうしても丁寧に扱えず・・・拍車をかけて汚れが溜まっていました。

まずクエン酸スプレーで試してみましたが、ダメ。
次にクエン酸スプレー後、パックしてみましたが、ダメ。
最後に重曹ペーストでこすり洗い。これでほとんどの汚れが撃退できました。

image

ただ、サビやクスミが残っていたので、秘密兵器として創和 ステンレス流し台みがきを使いました。最後にクエン酸スプレーをして水拭きして仕上げました。

まとめ

今回は、過炭酸ナトリウム以外の重曹・セスキ炭酸ソーダ・クエン酸を使ってキッチンの大掃除をしてみました。

とりあえず、一番手間のかかるキッチンの大掃除が早めに終わって一安心。
ちなみに、今年は換気扇の掃除をイオンのカジタクにお願いしたので、随分楽させてもらいました。

参考 CMでも話題!イオンの家事宅配カジタクで換気扇を掃除してもらった

小さい子どもがいると、有毒な洗剤は避けたいもの。今回の大掃除でナチュラルクリーニングに少し自信がついたので、徐々にナチュラルクリーニングにシフトしていきたいと思います。

【 今回の参考書 】