手間なく簡単にクリスマスホームパーティーを開催するコツ!料理は持ち寄りでOK

IMG_1573

先日、社宅の同じ階に住む3家族で早めのクリスマスパーティーをしました。
大人6人と子供4人、合計10人とそこそこの人数。

社宅のメンバーではハロウィンパーティをしたり、バーベキューをしたり、比較的密に付き合っている方だと思います。
持ちつ持たれつ。協力しながら子育てができているように思えます。
激務のダンナさんを持つ奥さん同士、結束力が強くなるからでしょうかね。

スポンサーリンク

子どもと楽しむクリスマスのホームパーティー

さて、今回はホームパーティーについてです。

セレブのパーティーシーンを見ると、ホームパーティーってなんだか大変だなぁと思ってしまいますが、そんなに難しいものではありません。もちろん、テーブルコーディネートにこだわり、料理もフルコースで!と言う素敵なホームパーティもありますが、子どもが小さいうちは、楽しめる環境さえ用意できればいいのかなと思っています。

持ち寄りパーティーにすれば気楽!

わが家でパーティーをするときは、大体は1品持ち寄りスタイル
ホストとしては、前菜からデザート、ドリンク類も全て用意したいところですが、予算的にも時間的にも負担が大きすぎます。
特にチビちゃんがいる家庭では、買い出しに行って料理を準備するだけで手一杯になり、出来上がった頃には疲れ切ってしまいます。
今回のクリスマスパーティーも1家族1品+お菓子類またはドリンク持参でお願いしました。
会費制にしても良いかも知れませんが、お酒も飲んで良い気分になっているときに、お金を請求するのも微妙なので、大体は持ち寄りスタイルで開催することが多いです。

テーブルコーディネートや食器はこだわらない

せっかくなので、大好きな北欧食器やワイングラスでテーブルコーディネートを楽しみたいという気持ちもありますが、ここはあえて紙皿&紙コップ
小さい子どもがいると、グラスを倒してしまったり、食器を落として割ってしまったりと、危ないです。プラスチック素材のもので出すくらいなら、いっそのこと片づけが楽な紙皿&紙コップにしました。紙ナプキンもフライングタイガーやIKEAでカワイイものを揃えて、自由に取れるように準備しておきました。

最近では、オシャレな紙皿も種類が豊富。

  

クリスマス仕様も。

ただ、少し見栄えをよくしようと大皿だけはアラビアを使いました。
料理があまり上手じゃないので、お皿の力を使ってごまかしています(笑)

愛用中のAVEC24h。26㎝は大皿料理にピッタリです。

子ども中心の料理や飾りつけ

今回のホームパーティーは子どものためのクリスマスパーティー
と言うことで、料理や飾り付けは子どもが喜ぶものにしました。
わが家で用意したのは、簡単なサラダ、から揚げ、菓子パン、デザート程度。

簡単な料理でも、盛り付けを可愛くすれば、子どもは喜んでくれます。
また、盛り付け自体を子どもとやっても、ホームパーティーが始まる前から楽しめます。

おうちの中の飾りつけも大事。
百円ショップやプチプラ雑貨で、デコレーションするだけで、一気にクリスマス気分になります。
今回、わが家はIKEAのオーナメントで飾りつけしたツリーと、オーサムストアのプチプラ雑貨でデコレーションし、皆さんをお出迎えしました。

クリスマス準備。プチプラインテリア雑貨をリビングに装飾
もうすくクリスマス。 今年も玄関にクリスマスツリーを出しました。 それに合わせてリビングの先日オーサムストアで購入したプチプラクリスマス雑貨をデコレーションしました。
冬の幸せインテリア!IKEAのクリスマスオーナメント&パーティーグッズ
今週末、社宅内の3家族で早めのクリスマスパーティーを行う予定です。 今回はわが家で開催予定。そこでIKEAでクリスマスグッズをいくつか購入してきました。

そして一番大事なのが時間帯。
今回は、まだ明るい夕方4時から始めました。
長男くんはもうお昼寝は卒業しましたが、他の子たちはまだお昼寝する子が多かったので。
4時くらいスタートなら、お昼寝して充電された頃なので、子どもたちも元気いっぱい遊んでいました。
終わりも8時前には解散。
大人だけであれば、一番盛り上がっている時間帯ですが、子どもがグズグズしないうちにお開きにしたので、楽しい気分で終わることができました。

クリスマスパーティーの料理

持ってきてくれた料理は和洋折衷。どれも美味しかった♡

image

わが家が準備したデザート。子どもが喜ぶようにキャラクターケーキにしました。

参考にしたのはこちら。

image

と言っても、手間なく簡単に用意するのがわが家流のクリスマスパーティー。
中身のロールケーキは市販のものを使っています。

生クリームを泡立てて、長男くんと一緒にデコレーション。
5歳児の割に上手にできているでしょ。
本人は自分がデコレーションしたケーキをみんなに見せたくて大はしゃぎでした。

まとめ

こんな感じで、オシャレ感ゼロのクリスマスパーティでしたが、十分に楽しむことができました♪
ホストになると、皆さんをお出迎えして、素敵なパーティを準備しなくちゃとプレッシャーを感じてしまいますが、私のように割り切っちゃえば、楽しむことに専念できますよ(笑)