賃貸の和室照明にスイッチがない!リモコン付きLED電球&オシャレな北欧照明のDIY

「和室照明のスイッチってどこにあるの?」

築20数年の賃貸マンションに引っ越してきてビックリしたのは、わが家の和室照明にはなぜかスイッチがないこと。社宅で安く住まわせてもらっている分、あまり文句は言えないけど、スイッチがないって普通のことなのでしょうか…。

今回は、和室に北欧照明を付け、リモコンLED電球をDIYで取り付けた様子をご紹介します。

スポンサーリンク

和室の照明を考える

まずは、紐付きの照明をネットでリサーチ。探せば、和室に合いそうな紐付き照明がいくつかありました。

    

ただ、ヤンチャな男の子がいる家で、天井から紐がぶら下がっているとしたら

「絶対ちぎる。最悪照明自体も壊す。」

ということで、紐付きは却下。

でも、スイッチがなければ照明として使えない。そこで、リモコンを使ってON・OFFが切り換えることにしました。最終的にわが家の和室に採用されたのは、こちら。

ルイス・ポールセンのPHアーティチョークの世界観を感じせてくれる、シェードの隙間からあふれる光のグラデーションが癒しの空間を演出してくれるペンダントライトです。(参照:エムショップ

とショップのページにあったので、北欧インテリアに合うこと間違いなし!
あまり、内容を確認せずにポチっとしたところ、あれ、届いた荷物が意外と小さい。

サイズ間違えたかな~と思って荷物を開いてみると・・・

和室の北欧照明

一瞬、目が点になりました。
デザインが素敵だった割に、価格が安かったのはこれが理由だったのね。でも、パズルのように一人で組立ていくと、意外と楽しくなってきて、出来上がり!

和室に付けてみると、バッチリでした。
息子は松ぼっくりみたいと言っていますが、なかなか可愛らしい。

リモコンはLED電球を利用

次は、リモコン問題。

実はリモコン付きLED電球が、シーリング照明の中に入っています。

このリモコン付きLED電球は本当に便利!

● 電球色/昼白色の切り替えができる
● 明るさの調光が可能
● 常夜灯にできる
● リモコン1つで合計4つの電球に対応可能

調色時はこんな感じ。

【 電球色 】 

電球色はオレンジっぽい色見です。

【 昼白色 】

昼白色は白っぽい色見です。

個人的には、電球色が温かみがあって好きですが、昼白色の方が少し明るめかな。

購入先はエムショップ

2年保障&送料無料。日本語説明書もしっかり入っていて、分かりやすかったです。

電球は2個セットだけど、照明の数が多ければ、電球だけを増やすことも可能です。あまりにも気に入ったので、寝室にも同じものを取り付けてしまいました。寝るときに、枕元でリモコン操作できるので、かなり快適になりました。

賃貸でも快適に暮らそう!

和室の照明にスイッチがない!というまさかの事態でしたが、市販のグッズを上手に利用することで、素敵な空間を作ることができました。

まだまだ、私たちの知らないところに便利なグッズは潜んでいるはず。これからもリサーチを入念にしつつ、賃貸でも快適な暮らしをしていきたいと思います。

こちらも参考に

▶ トラコミュ WEB内覧会<和室>
▶ トラコミュ 賃貸インテリア
▶ トラコミュ モダンインテリアとデザイン家電