洗濯機防水パンの隙間にカバーをDIY。掃除の必要がなくなって楽チン。

image

先日、洗濯機防水パンの隙間部分にカバーをDIYしました。
カインズホームのカッティングサービスを利用したら、わずか10分ほどでピッタリと合ったオリジナルのカバーができました。

スポンサーリンク

洗濯機防水パンカバーをDIYした理由

極力、面倒な家事を減らしたいもの。
集合住宅の場合、水漏れ予防に洗濯機の防水パンが必ずついています。
社宅のわが家にも入居時から洗濯機防水パンが無条件についていました。
ただ、洗濯機防水パンって、埃やゴミがとても溜まりやすい。
その上、排水用のホースが邪魔になって掃除もしにくい。
いっそのこと、洗濯機防水パンごと処分したいくらいです。

しかも、最近次男くんとお風呂に入ると、排水ホースに興味津々。
あまりキレイなものではないし、遊んでいるうちにホースが外れてしまっては大変。

と言うことで、洗濯機防水パンの隙間部分にカバーをすることにしました。

今回は、ホームセンターの木材を使って、洗濯機防水パンのカバーをDIY。
もちろん、作ったのはダンナさん。私は指示を出しただけですが(笑)

便利なカインズホームのカットサービス

カッティングシートを貼ったり、クッションフロアを貼り換えてもらったりで、DIYは比較的慣れているダンナさん。さすがに、電動ノコギリはないので、今回はカインズホームのカットサービスを利用しました。

参考 【住まいの節約術】賃貸キッチンのDIYセルフリフォーム。カッティングシートでシステムキッチン扉を木目調に。

参考 賃貸キッチンのDIYセルフリフォーム。クッションフロアの貼り換えで新築みたいに!

まず、木材を選びお会計を済ませます。
その後、カットサービスをお願いすると、1カット30円でやってもらえます。
自分でカットすると、曲がってしまったり、手間がかかったりします。組み立てるまでに気持ちがダウン。採寸さえしておけば、設計図通りにカットしてもらえるので、本当に楽チンです。

洗濯機防水パンカバーの出来上がり

あとは、脚の部分を取り付けて出来上がり。ネジで取り付けていますが、単純にカバーするだけで耐久性が必要でない場合は、木工ボンドで代用しても問題ないと思います。
時間にして、10分ほど。費用は約1300円で気持ちいいほどピッタリ合う防水パンカバーが完成しました。

image

横から見るとこんな感じ
排水ホースをまたぐため、一方は隙間があいています。

image

実際に設置してみると一寸の狂いなし。
角に足をぶつけて痛い思いをしそうなので、先日、次男のつかまり立ち対策用に購入したコーナークッションををつけてみました。

参考 赤ちゃんのつかまり立ち対策に!北欧インテリアに合う安全対策グッズ

これで、大人も子どもも安心。

image

隙間収納用に買ったカラーボックスを置いて使っています。

ドライヤーと体重計の定位置。

image

ただ一つの難点は、洗濯の脱水中の揺れが防水パンカバーに伝わり、少々うるさいこと。
それ以外は、いいことづくし。
掃除の必要もなくなり、排水ホースも見えなくなりスッキリ!
次男も排水ホースをいじらなくなったし、気を遣わなくてよくなりました。

DIYが面倒な場合は、市販の洗濯機防水パンカバーもあります。
サイズが合えば、お手頃価格なのでこちらもオススメです。

まとめ

DIYは手間と労力がかかるイメージですが、ホームセンターのカットサービスを利用すれば、かなり楽にできることが分かりました。
今回はダンナさんにやってもらいましたが、私も時間を見つけながらチャレンジしていきたいと思います!