【赤ちゃん&子連れ旅行】鎌倉観光コース1:江ノ電~人力車で鶴岡八幡宮へ

image

子育てのストレスを減らすため『好きなことをして生きていこう』と考えるようになり、大好きな旅行に積極的にすることにしました。

参考 子育てストレスを減らせた「好きなことだけ」して生きていく考え方

今回行ってきたのは『古都鎌倉
鎌倉』は日本を代表する観光地。江ノ電に乗って、神社やお寺、大仏、ちょっと足をのばして江ノ島など見どころがたくさんです。
デートや女子旅など、鎌倉は大人のぶらり旅のイメージが強いですよね。
子連れ旅行は下準備やリサーチが重要。鎌倉に関しては、赤ちゃんや小さい子連れの情報が少なかったので、ご紹介します♪

スポンサーリンク

江ノ電は人気アトラクション

image

江ノ島電鉄、通称「江ノ電」は、神奈川県藤沢市から鎌倉駅を結ぶ路線です。江ノ電は100年以上の歴史を持ち、開業当時の面影を残しています。

江ノ電の魅力は、何と言っても車窓から見える景色。
鎌倉高校前駅から見える海。海沿いをしばらく走ると、急に路面電車に早変わり。住宅街や店舗をギリギリの幅で通り抜けます。今回は残念ながら見れませんでしたが、初夏の紫陽花も有名です。

江ノ電を利用して鎌倉観光をするなら、一日乗車フリー切符「のりおりくん」を利用しましょう。
藤沢~鎌倉の全区間で利用が可能です。
のりおりくん」は、大人600円、子ども300円。
江ノ電に藤沢から鎌倉まで普通に乗ったとしても往復で600円なので、一度でも下車する予定ならお得です。
また「のりおりくん」を提示すると、一部観光施設で特典が受けられます。
例えば、新江ノ島水族館が10%引きになったり、レストランの飲食代が5~10%引きになったり。
長谷寺は何か粗品がもらえるそうです。

わが家も「のりおりくん」を購入し、早速改札へ。
混み合うときは、江ノ電に乗るためだけに1時間待ちのこともあるらしく、人気アトラクション並。
息子はどちらかと言うと車派ですが、今回は電車の旅に挑戦!
9時頃に藤沢を乗車し、鎌倉へ向かいました。約35分の小旅行。
休日だったので混雑が心配でしたが、多少混み合っていたものの、終始座って景色を堪能することができました。

赤ちゃん&子連れにオススメ!人力車に乗って鎌倉観光

image

休日の鎌倉観光は、とても混雑します。
そんな中、小さい子どもや赤ちゃんを連れて歩くのは一苦労。
そこでオススメなのが、人力車です。
裏の路地を通りつつ、目的地まで安全に案内してくれます。
人力車は二人乗りのイメージですが、何と大人2人と未就学児2人、合計4人まで乗ることができます。
しかも、ベビーカーもOK!

鎌倉では、駅西口のところでキャッチのようなお兄さんに声をかけられました(笑)
『長男が人力車に乗りたい!』と事前にリクエストしていたため、ちょうどいい感じで申し込めました。

人力車の料金体系

1区間 ⇒ 4,000円
30分貸切 ⇒ 9,000円
60分貸切 ⇒ 17,500円

※大人2名(未就学児2人含む)

人力車のオススメコース

リクエストをすれば、オーダーメイドのコースを案内してくれます。
わが家は鶴岡八幡宮を最終目的地にし、竹林を見たいとリクエストしてみました。

image

寿福寺」に寄りつつ、竹林を見に行きました。
竹林と言えば「竹の寺」の名もある「報国寺」ですが、連休中非常に混み合うということで、少し穴場の「英勝寺」に案内されました。

英勝寺彼岸花

英勝寺は、鎌倉駅西口から北に15分ほど歩いたところにある、鎌倉唯一の尼寺です。
女性目線のおもてなし感覚があり、境内では季節ごとに色々な花を観賞することができます。
今回訪れた9月は、彼岸花がとてもキレイに咲いていました。

英勝寺竹林

竹林も見事でした!何とも神秘的な気持ちになりました。

そして、目的の鶴岡八幡宮へ。
その間、車夫さんオススメのレストランやお土産情報など色々と教えてくれました。

人力車では、車夫さんが記念撮影してくれます。
家族写真もキレイに残せるので、とても良い思い出になりますよ!

鶴岡八幡宮でお参りと御朱印帳

鶴岡八幡宮

鎌倉にある言わずと知れた有名歴史スポットと言えば、鶴岡八幡宮
武士の守護神として有名で、別名「鎌倉八幡宮」と呼ばれることもあります。
鶴岡八幡宮は「勝負の神様」として、「仕事、勝負運をアップ」のご利益があるそうです。

本宮までの道のり、赤ちゃん連れにはハード

鶴岡八幡宮は残念ながらバリアフリーではないため、ベビーカーはオススメできません。
わが家は無謀にもベビーカーで訪れましたが、折り畳んで旦那さんが持って本宮まで石段を登りました。

本宮楼門にある「八幡宮」と書かれた額をよく見ると、「」の字が神聖な神の使いとされる鳩になっています!
国の重要文化財にも指定されている貴重なものだそうです。

また「鳩みくじ」もオススメです。
かわいい鳩のストラップがついたおみくじで、1回200円
ストラップは幼稚園の鞄につけてあげました。

かわいい御朱印帳

鎌倉鶴岡八幡宮御朱印帳

御朱印は本来、参拝者が写経をお寺に納めた際にいただく印章でした。
それがいつしか、納経しなくても参拝のあかしとして頂けるようになりました。
パワースポットめぐり」はすっかり定着していますが、パワースポットの一つである神社や寺院を訪れ、御朱印を集める「御朱印ガール」というものも増加しているそうです。

御朱印帳は寺院によって異なります。
鶴岡八幡宮では、女子好みの巫女が描かれたピンクの御朱印帳が用意されていました。

御朱印集めを本格的にやりたいのであれば、自分好みの御朱印帳を予め用意しておくと良いですね。
最近では、モダンでオシャレな御朱印帳がネットで購入できます。

      

御朱印自体も、寺院によって異なります。また描く人によって出来上がりが微妙に違ってきます。
鶴岡八幡宮では2人の方が御朱印担当でした。鶴岡八幡宮は300円の奉納金でしたが、一般的に1つの御朱印をいただくのに300円~500円を納めるのが相場になっています。

鎌倉鶴岡八幡宮御朱印

御朱印は、参拝の記念にもなるので、少しずつ増やしていく予定です。
ただし、御朱印集めはスタンプラリーとは違います。
マナーや作法を守って、神聖なものを大切に扱っていきたいと思います。
まずは、御朱印袋も用意して、保管する御朱印用の引き出しを整理しなくては。

      

午前中はこんな感じで観光が終わりました。長くなったので、後編へ続く・・・

参考 【赤ちゃん&子連れ旅行】鎌倉観光コース2:ランチはしらす料理~小町通り~イワタ珈琲でホットケーキ

こちらも参考に
トラコミュ 神奈川で・・み~つけた~♪
トラコミュ 鎌倉
トラコミュ 横浜写真ライフ (yokohama photo life)
トラコミュ 江ノ島電鉄
トラコミュ 子連れ旅行