赤ちゃん連れの新幹線。11号車の多目的室は授乳室としても使えて便利だった。

shinkansen

もうすぐ、夏の帰省シーズン。
ちょっと育児に疲れ気味の私は、少し早いですが新幹線を使って、実家に帰省してきました。
今回は初の赤ちゃん連れ新幹線。しかも、暴れ盛りの幼児も。
快適に新幹線で帰省するために、事前に授乳やオムツ替えができるかどうかを調べておきました。

スポンサーリンク

そもそも新幹線の子供料金っていつからかかるの?

  • JRのおとな&こども料金
  • おとな:12歳以上(中学生以上)…大人運賃
  • こども:6歳−12歳の小学生…半額
  • 幼児:1歳−6歳までの未就学児…無料
  • 乳児:1歳未満…無料

新幹線を自由席で利用する際、「幼児」や「乳児」は原則として無料。
乗車券(運賃)部分のみにはお金がかかりません。

「乳児」「幼児」でも料金が必要な場合

「おとな」または「こども」1人につき「幼児」の人数が2人以上

料金を支払う「おとな」または「こども」一人につき、無料になる「幼児」は2人までです。
幼児が三人の場合は、「おとな」一人分と「こども」一人分の料金が必要になります。
ちなみに、乳児に関しては人数制限は特に設けられていないそうです。
三つ子ちゃんとかだったら、無料になるようですね…。

指定席やグリーン席を利用した場合

指定席やグリーン席を「幼児」「乳児」が1人で利用した場合は有料です。
指定席は「席を確保する」ため、どうしてもお金がかかってしまいます。
膝の上であればかからないそうですが、1歳未満の小さい赤ちゃんならともかく、幼稚園児を何時間も膝の上に置いておくのは現実的に無理です。

また、指定席を確保する場合は、指定席分だけでなく乗車券分も「こども」の料金がかかります。指定席は「席を確保する」という点では「幼児」も同じです。指定席を利用する場合、「幼児」「乳児」であっても「こども」とみなされ、「こどもの乗車券」+「こどもの指定席特急券」が必要になります。グリーン席にはこども料金がないため、おとなと同額のグリーン券が必要になります

幼児が単独で乗る場合

今の時代、小学生未満の子を一人で新幹線に乗せるということは少ないと思いますが、幼児が一人で旅行すると、こども料金が必要になります。

4歳児と0歳児がいるわが家は、自由席であれば、おとな一人分の料金のみでいけます。
指定席をとるか悩みましたが、ここは二人子供を産んで強くなった私。
節約のため自由席一人分で行きました!

授乳やおむつ替えが可能な新幹線の多目的室利用について

新幹線の中には、多目的室と言って、体の不自由な方が使えるスペースがあります。
体の不自由な方がいない場合は、授乳や着替えなどにも利用ができます。
路線にもよりますが、東海道新幹線「のぞみ」「ひかり」「こだま」は、多目的室が11号車に設置されています。

実際に多目的室を使ってみた感想

基本的に、授乳などでの多目的の利用は事前予約ができないそうです。
車掌さんがすぐに見つからなかったため、車内販売のお姉さんに問い合わせました。
乗車後、すぐに聞いたため、多目的室に先客はいない模様。

私が乗車した5号車から11号車はかなりの道のり。
抱っこひもを外した状態で歩いていきましたが、新幹線の振動でフラフラすることも。
多目的室に到着すると、車掌さん?が待っており、鍵を開けてくれました。
新幹線に乗ってから10分ほどで多目的室を利用できました。
ただ、他にも子連れの方が多いため、終わったらすぐに出てきてくださいと言われました。

多目的室は、空間にすると、2畳ほどといったところでしょうか。
座席2つ分のスペースと、簡易椅子が一つ。
授乳やおむつ替えには十分広く快適♪

今回は、たまたまタイミングよく多目的室を使うことができたけど、帰省ラッシュ時は、すぐにいっぱいで使えないこともありそう。
また、自由席は1~5号車なので、少し遠いのが難点。
指定席を取るのであれば、11号車付近がおすすめです。

授乳のタイミングと多目的室の空き状況が必ずしも重なるわけではないので、念のため授乳ケープは持参していた方が安心です。

おむつ交換に関しては、一般の洋式トイレにも折り畳み式のおむつ交換台が設置されています。
ベビーチェアもありました。
授乳のタイミングさえクリアできれば、おむつ交換は比較的スムーズにできそうな感じです。

赤ちゃん連れの新幹線の旅は初めてでしたが、無事に帰省することができました。
次男くん、乗車の最後10分、眠たくなってグズグズし始めたので、デッキで待機でしたが、それ以外は比較的おとなしくしててくれました。
あとは、新幹線の待合室に授乳室を設置してくれると助かるのにな。

こちらも参考に
トラコミュ 子育てを楽しもう♪
トラコミュ 笑顔になれる子育て
トラコミュ 赤ちゃん、赤ん坊、乳幼児
トラコミュ のんびりゆっくり…子育て日記