更新時に確認!自動車保険を節約する5つの方法

自動車を購入するだけでもお金がかかるのに、それ以外に大きなウエイトを占める自動車保険自動車を保有しないのが一番の節約かも知れませんが、地域がら難しいところも多いと思います。
そこで、今ある自動車保険を少しでも安く方法をご紹介したいと思います。自動車保険にも様々なグレードがあります。あれもこれもと保障を付けると、自動車保険料もアップします。補償内容を見極め、いらない特約を外すことで節約につながります。

スポンサーリンク

自動車保険の内容を変更する

ドライバーを限定する

運転する人の範囲を限定しましょう。「家族限定特約」「本人・配偶者限定」などがあり、運転する人が少ないほど保険料が安くなります。

年齢を制限する

自動車保険料は、加入年齢が若いほど高く、年齢が高いほど安いです。(若年層の方が事故リスクが高いとされているため)一般的には、21歳、26歳、30歳、35歳の年齢区分があります。

走行距離を指定する

車の走行距離が少ないドライバーは、事故に合う確率が低いため、保険料が安くなる会社もあります。

車両保険を見直す

車両保険には「一般車両保険」と「エコノミー+限定A車両保険」があります。「一般車両保険」が最も標準的なタイプで、車同士の事故はもちろん、単独事故や当て逃げも補償されます。「エコノミー車両保険」は単独事故や当て逃げは補償されませんが、その分保険料を安くすることができます。

割引制度を活用する

自動車保険には様々な割引制度があります。ゴールド免許割引、エコカー割引、安全装置割引、インターネット割引など、利用できる割引があるかも知れないので、更新時には確認してみてくださいね。

見積もり比較サイトを利用する

生命保険と違い、自動車保険は年に一度更新があります。見直すチャンスが年に一度必ずやってきます。つい面倒で、前年と同じプランを申し込んでしまいがちですが、年齢や走行距離など、割引に繋がることもあるので、毎年必ず見直して申し込みましょう。