マリメッコの母子手帳ケース。2冊分収納できるように手作りしてみた

image
二人目の妊娠が分かって、新調しようと思っていたマリメッコの母子手帳ケース。
結局、臨月に入ってやっと作ることができました(笑)

スポンサーリンク

使った生地はマリメッコのウニッコ

以前、和室のファブリックパネルを作った時に、余った黒のマリメッコの黒ウニッコを使いました。

製作時間わずか10分!マリメッコのファブリックパネルの作り方
和室用にマリメッコのファブリックパネルをハンドメイドしました。 準備編はこちら。 ファブリックパネルの作り方 生地にしっかりとアイロンをかける。 パネルは出来上がっているの...

マリメッコの生地は、少し薄出なので、裏地にはしっかりとしたブラックデニムを合わせてみました。
本当は、中芯のようなものを入れた方がしっかりするのだろうけど、難しそうで・・・ 裁縫スキルもないので、自分のできる範囲でやってみました。

▼ マリメッコのウニッコ。他ショップよりも安かった♪

▼ 使ったデニム生地。送料無料!

中はポケットたくさん。母子手帳が2冊収納できます!

マリメッコ母子手帳ケース手作り
中は、ポケットをたくさん作り、保険証や診察券などを収納できるように。
採寸するのも面倒だったので、大体の感覚で縫っちゃいました。
右側のポケットがKou用。左側が産まれてくるベビー用。
二人目の母子手帳は、Kouのに比べて、一回り小さくなってました。
どうせだったら、二人とも小さいサイズにしてくれればよかったのに。

ちなみに、「母子手帳ケース作っちゃいました!」とブログで公開している私ですが、裁縫は本当に苦手
私みたいに裁縫が苦手な人は、少し高くても機能の良いコンピューターミシンを購入するのをオススメします。
私が使っているミシンは、約5万円。
決して安い買い物ではありませんでした。


レビュー3500件超えのミシン『モナミヌウプラスSC217/SC200

ですが、これ以下のミシンにしてしまうと、自動糸調子がついていないことが多く、自分で調整しないといけません。
自動糸調子がついていると、生地の厚みなど考えずにドンドン縫っていけます。
今回、母子手帳ケースを作ったときも、少し分厚めのデニム生地を何重か重ねて縫いましたが、一回も絡まることなくスムーズに動き続けてくれました!
だから、今まで苦手だった裁縫も少しずつ克服できたのだと思います。

マリメッコのシュシュも手作り

マリメッコのシュシュ手作り
出産入院時に、髪の毛を結ぶことが多いと思うので、さらに余った生地でシュシュも作ってみました。
こちらも直線縫いだけだったので、意外と簡単にできました!
出産前に作りたかった母子手帳ケースもでき、ベビーを迎える準備も大分できてきました。
どんな顔した、どんな子が産まれてくるのが楽しみで仕方ありません♪

こちらも参考に
トラコミュ 妊娠、マタニティー
トラコミュ **出産準備**
トラコミュ 出産準備 ハンドメイド
トラコミュ marimekko/マリメッコ大好き!!
トラコミュ marimekko (マリメッコ) ハンドメイド