子どもの作品はホワイトボードに飾る!ギャラリースペースは簡単に設置する方法

子どもの作品の飾り方~マグネットボード~

「子どもの作品、どうやって飾ろうか。」

子どもの作品を目に見える場所に飾ってあげることで自信につながると言うことを耳にしました。そこで、わが家にも子どもの作品を飾るためのギャラリースペースを設けることにしました。

マグネットボードを楽天買いまわりで購入し、設置する場所も無事決まったので、あとは取り付けるだけ。

社宅と言っても、一応賃貸なので、あまり太い釘は打たないようにしています。
壁掛けの際、活用しているのが強力ロックピンフック。


強力ロックピンフック M[【HLS_DU】レック フック]

3本の細いピンがクロスすることで、グラつきに強く、一般的な石膏ボードにも設置が可能です。
取り外した後の穴も、ピンが画鋲ほどの太さのため、ほとんど目立ちません。
無印良品の壁に付けられる家具に付いているピンと同じような感じです。

耐荷が7キロまでで、一つでも十分でしたが、ちょっと心配だったので、2つ設置。

子どもの作品ギャラリースペースを設置
少し上の方に設置した理由は、子どもの落書き防止のため。
ナカバヤシのホワイトボードには、付属でペン2本と木製マグネットが6つ付いていました。
本来、ホワイトボードに字や絵を描くものですが、わが家ではギャラリースペースとして使うつもりなので。

子どもの作品の飾り方~マグネットボード~
少し遠目で見てみてもなかなか良い感じ。
ただ、せっかくスッキリしたスペースができたのに、和室にどうしても気に入らない箇所が・・・

image

エアコンを設置するためのコンセントとボルト2つ。
せっかくいい感じに出来上がったギャラリースペースを邪魔している。
と言うことで、次回はこちらを隠す作業をやっていきたいと思います。

▼ ファブリックパネルで目隠し

参考 ダサい賃貸の和室をオシャレに。ファブリックパネルを自作するために準備したもの

参考 製作時間わずか10分!マリメッコのファブリックパネルの作り方

スポンサーリンク